wing*light 

ピアノコンサートへ

チケットをいただき、5/11(金)に『イ・ヒア』さんのピアノコンサートへ…

幼少のころは、ピアノを習っていた身、お誘いをいただいて
久しぶりにピアノの音色に酔ってみたいと。
この思いは大誤算となったけれど…

私は彼女が四本指のピアニストだということを知らなかった。

幕開けは、ストリングス・ユニット SEASONの演奏から。
オペラ座の怪人が好きな私は、オープニングの『ファントム』が嬉しい!
かなぁり、アレンジされてたけど(笑)

『イ・ヒア』ちゃんの登場、歓喜の歌がオープニング

彼女のタイトル曲 『幻想即興曲』に至っては、一日13時間/5年間の練習を重ねたそう…

心の深いところで、ショックを受けた。。
それは、彼女の背負っているハンディに対してではなく
音楽を聴くことに対する自分に。
決して、優しい音色のピアノではないけれど
自分を表現するためのピアノ
魂が乗り移ったかのような演奏だった。
ひとりの演奏家として、彼女のことを私は決して忘れないだろう。

一曲ごとに、彼女のMCが入るのだけれど、
22歳という年齢に相応しいトークだったり…
その中で、一番心に残ったのは
『失ったものを嘆くのではなく、今あるものに感謝する』

そうだよな~
豊かな国、日本で暮らし
何を嘆くことがあるんだろう、私。
日ごろの小さな不満も抱えたらきりがない。。。
世界では、争いが続いたり、食べるものすらない国もあるのに。
感謝の気持ちをもっともっと持って生活しよう。
自分が健康であることに…
家族と幸せに暮らしていることに…

ひさびさに、夜寝付けないほどの衝撃を受けた日。
[PR]
by tp-brothers | 2007-05-15 10:49 | 日々のこと