wing*light 

遠い記憶

makipikaさんのブログで見た本。
シーザーミラン氏著の『あなたの犬は幸せですか』
なんていうか…いろんな意味ですごく勉強になった。
ほんとに読んでよかった、同時に鮮明に甦った記憶があった。


■■
幼少の頃、我が家には秋田犬のクロがいた。
隣のお家に入ったドロボーを撃退して、表彰されたこともあるクロ。

ある朝、叔父がいつものように私とクロを連れて散歩へ…
私がひとりでトコトコと勝手に歩いて行った方向へ
2頭のドーベルマンが私をめがけて突進してきたらしい。

叔父は、離れたところにいたので、間に合わないと判断し
クロのリードを離した。。
クロは私に覆いかぶさり、ドーベルマンから私を守り追い払った。
■■


物心ついてから、その話をきいたのだが、
私にはその時のはっきりとした記憶がない…
私はクロに何もしてあげてない…
なぜか、クロに対して申し訳ないと思っていた。
この話を思い出すと、いつも涙が溢れてくる。。

でも
この本に出会って、違う見方が出来るようになった気がする。
言葉もろくに話せない幼児の私と賢いクロ
言葉なんか必要ないところで通じあっていたのではないかと。

翼と光
決して、君たちを擬人化してはいけないね。
種族は違うけれど、私は君たちのリーダーになれるようがんばるよ。
君たちと一緒に私も、成長していくね。



■私信
makipikaさまへ。
お散歩で、肩甲骨もちあげてゆったりと歩いてみました。
なんとなく、ふたりがいつもと違う気がしました(笑)
単純すぎっ?!
[PR]
by tp-brothers | 2007-04-06 10:51 | 日々のこと